sede

ポンテス蝋工業は、カルナバによって地域社会に変革と経済発展をもたらしたいというポンテス一家の夢から生まれました。

アセアラー、ピアウイー両州のシンボルであり、周りの人全てにふんだんにその恩恵を分け与えることから「生命の木」とも呼ばれるカルナバに対する敬意をモットーとしています。

当社はカルナバの加工販売の代表的企業です。60年以上の歴史を持つこの企業は、ポンテス一家が4世代にわたって、カルナバ採取に携わる人々の生活を常に尊重し、守り、大切にすることを伝統として築いて来たものです。

当社の血には倫理、優秀性、社会と環境に対する責任が流れており、常に当社の製品を通じて私たちの文化を世界中に広めるために最も近代的で革新的な技術プロセスを探索しています。

次の目的を達成するために、日々精進しています。

―カルナバ蝋の加工販売においてマーケットリーダーとなり、そのブランドを品質とハイパフォーマンスの象徴として認識させること。

―当社と関わりを持つ全ての人々に満足を与えるアクションにおいてパイオニアになり、すべての関係者に価値と名声と収益をもたらす永続的なパートナーシップを築くこと。

―環境及び地域社会と調和した活動により、投資と確信を続けるための持続可能な業績を得ること。

―全プロセスにおける品質管理システムの間断ない向上を図り、この理念に社員やサプライヤーをも巻き込むこと。

―プロセスの初めから納品まで、単一かつ独占的で責任感のある生産連鎖を保証すること。

沿革

1956

1956

年―創設者リアデルソン・ポンテスがセアラ―州で創設。

1960

1960

年―ポンテス工業、フォルタレザ市の工場を建設。

1971
The company was taken over by Domingos Pontes.

1971

年―ドミンゴス・ポンテスが会社を引き継ぐ。

1995

1995

ララ・ポンテス、ポンテス工業の社長に就任。

empresa_interna-1

2003

年―ポンテス・グループ、ピアウイー州に新工場を開設。

倫理、優秀性、社会と環境に対する責任

カルナバ蝋の生産上最も重要な二つの地域、セアラー州とピアウイー州に工場を設置。戦略的に有利な立地条件により、素のままの高品質な原料の獲得が保証されます。

StarlightとPrimeという二つの登録商標の下に、ポンテス工業のカルナバ蝋は5大陸で販売されています。